スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
食べ物を捨てない為に!
前回の記事で、お義母さんのもったいない話を書きましたが、
私にはどうしても食べるものを捨てられません。

夕飯で余った分は私の昼食にするし、
はじめからその時食べられる分しか作りません。


食べ物を作るって本当に大変なんです。
実家に居る時はほとんど手伝わなかったけど、その大変さは知ってます。
おコメも作ってるのだけど、田植えと稲刈りの時だけが忙しいんじゃない。
毎日の管理が必要なんです。


繁忙期は、新聞屋さんよりも早く家を出て、日が暮れても帰ってこない。
小さい頃はGWや夏休みも忙しくてどこにも連れて行ってはもらえませんでした。
でも私達兄弟は文句も言いませんでした。
真っ黒に日焼けした顔、真っ黒な爪の両親を見て、そんな事言えるわけがありません。

ただ、夏休みの絵日記に書く事がなくて困った事はあるけどね。(^_^;)


農家で育ったこともあると思うんだけど、
お金を出せば何でも買える時代で、平気で食べ物を捨てるという行為は
なんだかとても淋しく思うのです。


お米や野菜だけじゃない。
家畜を育てる人や、漁師さん達が命懸けで魚をとってきてくれるから
私達の食生活はとても充実しているんだということを忘れてはいけないと思うのです。



我が家の純粋な食費予算は16,000円です。
    ※ お米は実家から頂けるので含まれません。
      外食費は別予算5,000円です。

決して多いとは言えませんが
それでも夫婦二人なら十分な食事が作れます。

安いものを求めて安い店に行くのはもちろんですが、
節約の為、食品を無駄にしない為にしている事は・・・


  • 買い過ぎない

  •      いくら特売だからといってたくさん買っても、
         腐らせて捨ててしまったら元も子もないです。

  • 材料を使いまわす

  •      毎日の食卓で飽きのこないよう、目先を変えて出します。

  • 小分け冷凍

  •      冷凍出来るものは買ってきてすぐ冷凍。
         決してパックのまま冷凍せず、小分けしてラップに包む。
         必要な分だけ解凍すればいいので、結果的に節約になる。

なかでも、材料を使いまわす事は
レパートリーの少なかった私にはとても大変な事でした。

そんな時、仲良くさせて頂いてるまりこさんのHPでこんな本を見かけたのです。
365日の100円おかずの知恵―料理の応用力、おかずアイディアが身につく 365日の100円おかずの知恵―料理の応用力、おかずアイディアが身につく
(1997/02)
主婦の友社
この商品の詳細を見る

通常の料理本と違って、材料別で探せて、味がえ、材料がえ、調理料がえで、
同じ素材でもいくつものお料理が出来ます。
しかもどれも1品100円以下で簡単に作れるものばかり。
あと1品足りないな~って時も、本を開けばチャチャっと作れちゃいます。

今まではお料理本を何冊も開いてたけど、
今はこれ1冊で済んでしまう。だからこそ無くしたら大変!

ちょっと古い本だったので、書店では売っておらず
私はamazonで購入したのですが、この本を買ってから、
何の材料を買っても怖いものなしになりました。

特売で安く売ってる物だけを買って来ても、
実家から旬の野菜をた~くさん頂いてきても、
もう悩む事はありません。
こうして新婚当初は3万円近かった食費も、半分近くまで減りました。

レパートリーが少ない・・・
毎日の献立に迷う・・・


って方には絶対お薦めの本だと私は思います。


人気blogランキングに参加中。
コメント or クリック で応援してくれると励みになります♪^^
スポンサーサイト

テーマ:節約レシピ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/08/22 17:28 】
節約*お役立ち情報 | コメント(4)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。